ガジェットマニア

Gadget大好きマニアの購入商品レビューブログ

*

安めのペンタブ、intuos CTH-480/S2を買ってみたのでレビュー

   

こんばんは、ガジェットマニアです。

先日、ペンタブ大手のワコムから発売されるBamboo Sparkを予約した話を書きましたが、発売日はどうやら10月末との事で、まだまだゲットできそうにありません。

そこで、今回は同じワコムが発売しているintuos CTH-480/S2を購入してみたので、軽めにレビューしてみたいと思います。
もともと現在のProシリーズになっているintuos4を使っていたので、intuosとintuos Proがどれくらい違うのかなど気になる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

 

サクッと使うには大きすぎたintuos4(PTK-640)モデル

ワタクシ、長年intuosシリーズを使ってきましたが購入してきたintuosのサイズは全てMサイズ。

購入時はいつも悩んでいたんですが、結局Sは小さすぎ、Lは魅力的だけどデスクを占領しすぎるという問題でMサイズにしてきました。
性能としてintuos4(PTK-640)はとても満足のいくレベル。
Photoshopでの遅れも感じませんし、まさにペンタブの真髄といった使用感。
もう発売してかなり経っていますが、見た目のデザインも最高で文句なし。

が、唯一の問題点はやはりサイズ。

どうしてもMサイズとはいってもデスクのかなりの場所を占領してしまうので、結局デザインでペンタブが必要な部分だけを最後に残して一気に仕上げるという仕事のスタイルになってしまいます。
理想としてはやっぱり手軽に使えて、デザインの構成を進めつつ、ちょっとペンタブでラフ書いてみて、といった形が理想形。

という事で今回購入したのはintuosのSサイズで最安値のシリーズ!

proシリーズより、もっと気軽に扱えそうなCTH-480というモデル。
ワコム Intuos Pen & Touch 油彩制作用モデル Sサイズ CTH-480/S2

ちなみにこのintuosはタッチ機能と2つのソフトダウンロード権利がついているんですが、タッチ機能とソフトが何もついていないのはもっとお手頃です↓
ワコム Intuos Pen ペン入力専用モデル Sサイズ 【新型番】2015年1月モデル CTL-480/S1

現在だとAmazonが最安値ですね。

外観はこんな感じ。
th_IMG_1382
う〜ん、全く伝わりませんね。。

そして入っているのはこちら。
th_IMG_1383
パッドとペン。説明書、ドライバCD、ケーブル、替芯3本。
あと、ちょっとしたおまけ的な要素でパッドにペンを挟むゴムとペンの後方に付いているゴムの黒色バージョンが入っていました。
元々は写真の通り青のパーツが付いているのですが、どうにもダサいので黒にすぐ替えました。

それ以外に今回買ったS2というモデルはダウンロードして使えるドロー系ソフトのアクティベーションキーが付いてきます。
ダウンロードして使ってみましたが、特に感動もなかったので、今回はスルー。

 

気になる使用感はどうなのか??

で、使ってみた感想ですが…

 

最高にいい!

 

ですね。

intuos4に比べてパッド表面の抵抗が増してて、非常に紙に書いている感触に近づいています。
この価格で、この使い心地、本当にびっくりするレベルです。

筆圧レベルはintuos Proシリーズに比べて半分の1024ですが、ほとんど気になりません。
若干細いラインがかすれやすいかな??というくらいです。

よっぽどのプロでない限りは問題ないレベルだと思います。

先に結論書いちゃいますが、これで最安値モデルが7000円を切ってるのが信じられません。間違いなく「買い」だと思います。

 

気になるタッチ機能の使い心地は?

そして、一番気になっていたタッチ機能。
こちらは事前にAmazonでさんざんなレビューを書かれていたのを確認していたので、ある程度覚悟はしていましたが、確かに使い物になりませんね。

興味本位でタッチ機能がついているS2を買いましたが、本当にいらない機能でした。。
CTL-480/S1を激しくオススメします。

タッチの使い心地をちょっと説明すると、まずペンを持っている手をパッドにつけている時は反対側の手でジェスチャーしても動きません。
Photoshopでペンを使いながら拡大・縮小しようと思っても、わざわざペンを持っている手を上げて、さらにペン先がパッドを感知しない距離まで離さないとジェスチャーが動きません。
この点は非常に残念な作り。

何だか、タッチが流行だから強引にタッチ機能を付けたといった印象。
クリエイティブ系の方の使用感を全く無視して作ってる感があります。

ただ、使いづらいですがジェスチャー自体は滑らか。
まぁ、ペン先をパッドからかなり離さなきゃいけないので、絶対使いませんけど。

というわけで、タッチ機能は最悪の結果となりました。

 

その他、良い点・悪い点など

なんだかんだ長くなっちゃいましたが、その他のポイントとして、

Sサイズは本当に便利です!

この写真どうでしょう?
th_IMG_1386iMacの下にピッタリです。

サッと取り出せて、サッとしまえます。
「これだよ、この気軽さ!」

もう、感動レベルの気軽さですね。このサイズ。

が、残念な点もちょっとあり。
デュアルモニタだとさすがにSサイズだと厳しい面もあります。
5Kだとモニタのアプリウィンドウも小さいのでさらに厳しいですね。

このSサイズの横幅で2画面分を行き来しますからかなりセンシティブな操作を要求されます。が、ペン先のコントロールをマウスタイプに変更できるので、この辺はなんとかなりそうかも。

 

以上がCTH-480のレビューでした。

実はこのintuosシリーズ、新しくCTH-490という新型モデルが出てますが全てソフトが抱き合わせになっていて、機能がほとんど変わらないにもかかわらず5,000円くらい高くなってます。
もっと言っちゃうとデザインも微妙にダサくなったような。。

という事で、今回はあえて型落ちでさらにお手頃価格の480シリーズをレビューしてみました。

気軽な用途からちょっと本格的にペンタブ使う用途まで、これ1つで十分使えそうです。
久しぶりにコストパフォーマンスの高いガジェットと出会えた印象です。

ペンタブ、ちょっと気になる。なんて方には是非CTL-480/S1をオススメします。
(僕の買ったS2じゃないので気をつけてください。)

 

今日も読んでいただきありがとうございました。
皆さんの購入の参考になれば嬉しいです。

 - 小物

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ルクラスにiPhone6Plusを装着するコツをアップしてみる

先日、ルクラスでiPhone6Plusが使えるか試してみた、というネタを書いてみ …

iPad Air2用 縦置きできるカバー(BSIPD14LR)をレビュー

iPad mini2からiPad Air2に買い換えてガッツリと使い込む仕様にし …

人気のApple Watch充電スタンド、S330もどきをレビュー

こんばんは、ガジェットマニアです。 昨日の記事にもアップしましたが、Amazon …

iPhone6s Plusの純正レザーケース、意外にもあのお店が最安値だった。

こんにちは、ガジェットマニアです。 さて、今日はiPhone 6s Plusの純 …

iPhone6Plusで使えるVRゴーグル(VR3DHM5K)を買ってみた

いきなりですいませんが、実際はサンコーさんが出してるスマホDEヴァーチャル3Dゴ …

激安macbook proカバー(898円)が想像以上に良かった

こんばんは、ガジェットマニアです。 今日はそんな大したお話ではありません。 この …

人気のApple Watch充電スタンド、S330に似てるの買ってみた

Apple Watchのアクセサリーですごく人気があるみたいなSpigen S3 …

iPhoneハイレゾ化計画 EHP-CH1000GDが届いたのでレビュー

前回、iPhoneでハイレゾを聞いてみるチャレンジをしてみましたが、ヘッドフォン …

iPhoneの純正レザーケースと激安の合革ケース、どっちが買いか?

こんばんは、ガジェットマニアです。 さて、いよいよ待ち遠しいAppleの発表会が …

iQOSのライバル遂に登場!プルーム・テックが楽しみすぎる

こんばんは、ガジェットマニアです。 以前、「JT版のiQOS」とも言えるプルーム …